旅空 〜仕事、ときどき旅〜

根暗で出不精な女サラリーマンによるアジア南米などのバックパック旅行記とニュース配信ブログ♪ペルー、ニューヨーク、インド、タイ、マレーシア、香港等の海外をはじめ、国内の観光・宿泊情報を旅行記で紹介!お出掛けしたくなる情報を発信します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| スポンサー広告 | --.--.-- -- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本銀行金融資料館で一億円を持ってみる!?(2日目⑬)



2013年8月31日(土)⑬

日本銀行小樽支店


大正時代末期、小樽の街は商業都市として栄え、
道内一の銀行の数があったことからも
”北のウォール街”と呼ばれたいたのだそうです。

そんな小樽の面影をそのままに残し、
皆さんが普段使用しているお札を発行している
日本銀行の素顔を紹介している施設、
それが「日本銀行旧小樽支店金融資料館」ですヽ(*´ェ`*)ノ

レトロクラシックな小樽の街に馴染む
歴史的建物も当時のそのまま残されており、
実はこれがとっても分かりやすく金融のことを学べる
学問的な施設なんです!!

平成25年5月に開館10周年を迎えた
金融資料館の中を少し覗いてみました。

日本銀行小樽支店

旧小樽支店の窓口として使われた営業場カウンターや
ロビーの周辺には、岐阜県赤坂産大理石が
使用されているのだとか。

ちょっと冷たい雰囲気が銀行っぽい!(笑)

日本銀行小樽支店

金融資料館ならではの体験!
それは憧れの1億円の重さを体感できること★

かつて実際に利用されていたという
日本銀行の金庫の中で1億円の模擬パックを
持ち上げて重さを体感することができます。

果てして、1億円は思ったより
重いでしょうか、軽いでしょうか?(*´▽`*)ノ))

日本銀行小樽支店

日本銀行の金庫といえば、
そりゃあもう現実離れした大金が
山積みされているのでしょう(笑)

それを守る金庫扉は本当に厳重!
まるで映画に出てきそうな雰囲気ですね!

日本銀行小樽支店

建物内外壁にはフクロウをモチーフにした
装飾があります。これはアイヌの守り神である
シマフクロウにあやかって、職員がいない夜に
支店を見張っていたとう背景があるとか♪

現在発行されている日本銀行券の
細かな偽装防止の細工など、とっても勉強になる施設。
ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?



■日本銀行旧小樽支店金融資料館
住所:〒047-0031 北海道小樽市色内1−11−16
電話:0134-21-1111
公式サイト:金融資料館

★もはや伝説となった三億円事件。。。







【北海道旅行:2日目⑭】に進む
【北海道旅行:2日目⑫】に戻る

いつもありがとうございます♪((*´∀`*))
▼クリックで投票お願いします▼

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| 北海道(札幌・小樽・旭川) | 2013.10.21 Mon 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://viavillage.blog.fc2.com/tb.php/956-44401f02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。