旅空 〜仕事、ときどき旅〜

根暗で出不精な女サラリーマンによるアジア南米などのバックパック旅行記とニュース配信ブログ♪ペルー、ニューヨーク、インド、タイ、マレーシア、香港等の海外をはじめ、国内の観光・宿泊情報を旅行記で紹介!お出掛けしたくなる情報を発信します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| スポンサー広告 | --.--.-- -- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新規登録世界遺産2013「レブカの歴史的港湾都市」へ行こう!



新規登録世界遺産2013「レブカの歴史的港湾都市」へ行こう!



フィジーレブカ


■レブカの歴史的港湾都市とは



英名   Levuka Historical Port Town
仏名   Ville portuaire historique de Levuka
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 2013年

フィジーに初の世界遺産は
フィジー中央部のオバラウ島東南岸に位置し、
フィジー東部地区の州都であるレブカ。

ここは1874年から1882年までの間、
イギリス植民地フィジーの首都でした。

そんなイギリス文化とフィジー双方の文化が融合しており、
木造平屋・トタン屋根でバンガロー・スタイルの家々が
レブカのユニークな街並みを演出しています。

中心に立つ大聖堂はゴシック・リバイバル式で、
隣接する塔はレブカのランドマークとなっています。

レブカは港町だったため、さまざまな新文化が
最も早く上陸してくる場所でもありました。
そのため、フィジー初の郵便局や銀行、
新聞社、ホテルが立ち並びます。


■レブカへの行き方



フィジーレブカ

レブカのあるフィジーは330もの島からなり、
陸地面積は四国とほぼ同じです。

南太平洋を代表する美しいリゾート地として知られており、
ともに親日的であることでも有名。

年間を通して気候に恵まれていることもあり、
観光業が一大産業になっている国です。

フィジーまでの直行便はありませんので、
韓国、ニューカレドニア、パプアニューギニア、香港、
オーストラリアなどを経由して約13~15時間掛かります。

フィジーへの国際便の多くはナンディ国際空港に到着します。
ここから首都でもあるスバまでは長距離バスで約5時間、
スバからはバスを乗り継ぎ、
フェリーでオバラウ島へ向かいます。

まだまだ観光地としては成長段階。
世界遺産登録によるこれからの発展に期待しましょう♪


★フィジーのお土産と言えばチョコレート♪







いつもありがとうございます♪((*´∀`*))
▼クリックで投票お願いします▼

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| 海外旅情報 | 2013.07.25 Thu 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://viavillage.blog.fc2.com/tb.php/894-18f7c3fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。