旅空 〜仕事、ときどき旅〜

根暗で出不精な女サラリーマンによるアジア南米などのバックパック旅行記とニュース配信ブログ♪ペルー、ニューヨーク、インド、タイ、マレーシア、香港等の海外をはじめ、国内の観光・宿泊情報を旅行記で紹介!お出掛けしたくなる情報を発信します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| スポンサー広告 | --.--.-- -- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新規登録世界遺産2013「紅河ハニ族棚田群の文化的景観」へ行こう!



新規登録世界遺産2013「紅河ハニ族棚田群の文化的景観」へ行こう!





■紅河ハニ族棚田とは



英名  :Cultural Landscape of Honghe Hani Rice Terraces
仏名  :Paysage culturel des rizières en terrasse des Hani de Honghe
面積  :16,603 ha
登録区分:文化遺産
登録年 :2013年

ハニ語を使うという少数民族ハニ族。
ミャンマー、タイ、ラオスにもその分布は拡がりますが
雲南省の紅川南部のハニ族が1300年をかけて
切り拓いた約3000もの棚田群が世界遺産登録されました。

棚田は森林に抱かれた山々の斜面に築かれており、
水路によって運ばれる山の水や養分によって
持続可能な農業を実現しています。

自然と調和した文化的景観は美しく、
自然とともに生きる生活は独自の宗教・哲学を生み
個性的な文化を発達させました。

なお、この棚田群は国連食糧農業機関(FAO)により
世界農業遺産に認定した世界最大の棚田群です。

他民族に追われ奥深いこの地にたどり着いた彼らは、
気の遠くなるような労力で山肌を耕し、
独自の灌漑技術と農法を磨いてきたんですね。



■紅河ハニ族棚田への行き方





棚田観光の拠点になる街は
中国雲南省紅河県の元陽新街です。

日本から元陽へ向かうためには、
雲南省の省都昆明を目指す事になります。

現在、昆明への直行便は運行されていないようですので
日本から北京や上海、広州に入り、
国内線に乗り換えて昆明に入る方法や
韓国・ソウル経由で昆明に入る方法もあります。

昆明から元陽までは長距離バスです。
昆明駅の目の前にあるバスターミナルから出発します。

元陽からは車をチャーターして各棚田風景区へ向かいます。

元陽新街はいつも霧に包まれており、
1週間滞在して1日晴れ間にあえばよい方だとか。

ぜひこの絶景は実際に自分の目で見てみたいですね★

★中国少数民族の歌も聞いてみよう。







いつもありがとうございます♪((*´∀`*))
▼クリックで投票お願いします▼

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| 海外旅情報 | 2013.07.12 Fri 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://viavillage.blog.fc2.com/tb.php/889-1d15b887

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。