旅空 〜仕事、ときどき旅〜

根暗で出不精な女サラリーマンによるアジア南米などのバックパック旅行記とニュース配信ブログ♪ペルー、ニューヨーク、インド、タイ、マレーシア、香港等の海外をはじめ、国内の観光・宿泊情報を旅行記で紹介!お出掛けしたくなる情報を発信します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| スポンサー広告 | --.--.-- -- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドの洗礼(2日目①)



2011年4月28日(木)①


早朝4時を回ったころ、空港バスも
動き出しているだろうということでバス乗り場を探しに歩いた。
何とかバスを発見して乗り込む。
バスにはインドの人ばかりで、観光客の雰囲気を一切感じない。
視線が気になり、なにやら怖かった。



ニューデリー近くというバス停に到着。
人の流れに乗って歩くも、あれ・・・駅はどこ・・・???
行けども行けども駅は見つからない。
道に居たインド人に尋ねると、あっちだと方角を教えてくれた。
そちらに進むも何故か見つからない。
むしろ辺りの雰囲気はすごく危険な感じを受けた。
まだ夜も明けきらぬ薄暗い中、身の危険を感じて後戻りした。

戻ってしばらくすると、やっと駅らしいものを発見!
何とかニューデリー駅に到着した。
途中で道を教えてくれた?人といい、早速インドの洗礼を受けた気分だった。



インドの世界遺産といってもたくさんあるが、
その中でも「タージ・マハル」の存在はピカイチだろう。
タージ・マハルを求めて、ムガル帝国の古都アーグラーへ列車で向かった。

2時間ほどの列車の旅だったが、
この旅で一番優雅にFirstClassの席を予約していた。
無料で新聞が配られたり、食事もしっかり付いている。
新聞にはちょうどそのとき亡くなったサイババの写真が載っていた。
インドではやはりかなりの有名人なのだろう。



女子的に一番心配だったトイレ。
これも列車に備え付けられたトイレは意外と綺麗で安心した。

朝焼けに包まれた景色を眺めながら
アーグラーへ向けた列車の旅を楽しんだ。




★インドは鉄道大国♪★



【インド・香港旅行:2日目②】に続く
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| インド・香港 | 2013.02.06 Wed 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://viavillage.blog.fc2.com/tb.php/64-6792d47b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。