旅空 〜仕事、ときどき旅〜

根暗で出不精な女サラリーマンによるアジア南米などのバックパック旅行記とニュース配信ブログ♪ペルー、ニューヨーク、インド、タイ、マレーシア、香港等の海外をはじめ、国内の観光・宿泊情報を旅行記で紹介!お出掛けしたくなる情報を発信します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| スポンサー広告 | --.--.-- -- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台南・運河に沿って「安平古堡」へ(5日目④)



2013年5月3日(金)④

安平古堡4


次なる目的地は「安平古堡」。
安平古堡はオランダ統治時代の城跡です。

1624年に建設された台湾で最も古い城堡
建城以来、オランダ統治時代には
オランダ東インド会社による台湾統治の中心地として、
また鄭氏政権時代には3代にわたる王城として使用されていた。
現在は台湾城残蹟の名称で国家一級古蹟に指定されています。

台南駅から運河に沿って海の方に進みます。
看板を見ながら進むと到着。
少し道が分かりづらい箇所もありましたが、
詳しい地図が無くても何とか到着できました。
どうせバイクで廻るなら、しっかりとした地図が
手元にあると心強いですね♪


まずはチケット購入して中へ。(50元)

安平古堡1

場内案内図。ふむ、”古墳”みたいな形してるんですね。

安平古堡2

まず入って早々に出迎えてくれるのが
ここを王城として使用した鄭氏政氏の銅像です。

安平古堡3

奥には展望台が見える、静かな公園という雰囲気です。
観光客はチラチラいましたが、騒いでいる人もなく
静かに鑑賞していました。

大砲です!
かつては城の近くまで海が迫っており
海に向かって防衛のための砲台が設置されていました。
こんな立派な大砲がいくつも並んでいました。

安平古堡5

展望台に登りました。(無料)
階段でぐるぐるぐると登っていきます。
登りきると台南の景色が一望できます。

安平古堡6

ノスタルジックな雰囲気。
静かに過ごすにはとても良さそうな場所ですね♪

安平古堡7


さて、この付近には伝統の家屋がそのまま残るという
古い路地があるんだそうです。
バイクでちょっと覗いてみましょう♪


深く知るには台湾の歴史を追ってみよう。






【台湾旅行:5日目⑤】に続く
いつもありがとうございます♪((*´∀`*))
▼クリックで投票お願いします▼

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+1,000円』ご返金!!ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| 台湾 | 2013.06.09 Sun 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://viavillage.blog.fc2.com/tb.php/624-f9a48576

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

リリカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。